2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「羅」のような紙「羅紙」 | トップページ | 紙を巻いたロウソク Memento ignis »

2014年4月30日 (水)

料紙。具象と抽象

国宝「本願寺本三十六人家集」の古筆切のうち、本願寺が元あった摂津石山寺にちなんで名付けた「石山切」平安時代の歌集(伊勢集、貫之集)。

この料紙は単なる装飾では無く石灰岩系山のマチエールからの具象だったのだなぁと、本日山行きしながら気がつきました。角ばって割れる小石が砂子にそっくりです。岩の割れ目、松葉。小さなモミジは落ち葉じゃなく芽が出たところ?(OO)と納得。
もっとリアルな場所が沢山ありましたが、登山中心でヒーハー言っていて、いいかげんな写真ばかり、、、。
平安料紙のこの周辺もう少し探求してみたいです。

« 「羅」のような紙「羅紙」 | トップページ | 紙を巻いたロウソク Memento ignis »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1043017/56690446

この記事へのトラックバック一覧です: 料紙。具象と抽象:

« 「羅」のような紙「羅紙」 | トップページ | 紙を巻いたロウソク Memento ignis »