2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ご協力ありがとうございました。Cloth & Memory{2} | トップページ | 料紙。具象と抽象 »

2014年4月18日 (金)

「羅」のような紙「羅紙」

「羅」とは(ら、うすもの)と読み、絹織物の一種です。絡み織の一種で織り糸が捩じれたようになっていて、その為薄くても強い透明感のある織物です。中国から渡って来たその技術は一時途絶え、昭和になってから復元されたと言われています。

和紙も水の中で揺すられて繊維が絡んでいるので、解くとまるで羅のようです。
なので、このように解いた和紙を「羅紙」と呼ぶとぴったりだと思うのです。なーんて、どうすか?

2007gg5

« ご協力ありがとうございました。Cloth & Memory{2} | トップページ | 料紙。具象と抽象 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1043017/55832448

この記事へのトラックバック一覧です: 「羅」のような紙「羅紙」:

« ご協力ありがとうございました。Cloth & Memory{2} | トップページ | 料紙。具象と抽象 »