2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月20日 (水)

紙の温度

紙の温度 とは、

名古屋の熱田神宮のお隣にある紙専門店です。
店名の通り、紙には人肌のような温度があることを教えてくれるようなお店です。
社長さんは店名の通りの温かな人柄の方です。

百聞は一見にしかず。
世界には、こんなに紙があるものなのか・・・と驚くこと間違いなしです。

これだけの日本の紙が揃うのは、日本橋の小津和紙さんか、ここか。
(不勉強のため他にもあるのかも知れないですが)全てを見ようと思ったら一日仕事だと思います。
これだけの紙を集められたその情熱に畏敬の念が湧きます。
そして日本にはそれだけ沢山の個性ある紙がもともとあったということに気が付きます。

各地方によって楮の種類自体が違い、気候、水、用途、それぞれによっても違う、本当にその家によって違うくらい沢山の種類があったけれど、年々需要とともに少なくなって、古来の製法で漉いている和紙も今では、なかなか市場に出回らない貴重品になっています。

私も初めて本物の和紙に出会ったのはサロンギャラリー余白という和紙コレクターのオーナーさんのギャラリーでした。普通の文具店では見たことも無い紙でした。絹のような艶があって、人の肌のような質感もありました、みんな同じセルロースですもんね。

そんな豊かな種類の紙でいろいろ制作してみたいと思います。

以前ここで大きさは一定と書いてしまいました。
勉強不足ですみません。訂正いたします。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »