2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 個展なう | トップページ | 紙の温度 »

2011年3月18日 (金)

それどころじゃないけど展示

東北福島の地震津波災害や福島原発の経過で胸が痛むけれど今自分がどうしたらよいのかすぐにはわかりません。
まずは義援金を送り、支援物資になりそうなダウンベストやコートをクリーニング店に出し、個展の展示の最終展示替えをしました。
せめて、戦争や災害があっても1500年以上続いてきた和紙作りの良さや、なんちゅーか強さみたいなものが見えますように。

100

« 個展なう | トップページ | 紙の温度 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

多田様

すみません!
コメントを書いた後、パソコンの前に座れずメールを差し上げるのが遅くなりました。
今から5分後に送信します!!

米山様
多田です。
突然のお願いで、失礼かと迷いましたが、賛同していただけるとのお返事、とても嬉しく思います。
具体的な話をメールで送りたいですがアドレスがわからないので、私宛てにメールを送って頂けないでしょうか。
宜しくお願いします。

多田様
コメントありがとうございます。
七ツ寺の展示「こめのゆめ」も見てくださってありがとうございました。
チャリティ展示会に向かってご自分からアクションを起こそうとされている多田さんに、敬意(堅い言い方ですいません)を感じます。
自分ではまだノープランなのですが、何か出来ることがあれば是非参加させてください。具体的な事はメールにて。

米山和子様
多田と申します。
米山様の作品を初めて拝見したのへ昨年のトリエンナーレ・七ッ寺での展示でした。とても繊細な美しい作品だったとの印象が残っております。
今回の作品を見ましたときは、「祈り」を感じました。
このブログの中で、東北大震災について「胸が痛む」旨の言葉がありましたが、私も最近は、あの悲惨な状況に、気持ちが沈んだままです。

避難所で暮らす人々、家族の行方を捜して歩く方が、ニュースで流れてきます。海外のメディアでは、避難者の辛抱強さが話題になっているようです。
他国の例では、このような時、決まって暴動
や略奪等の事件が、ニュースとなります。
日本では、それが無い。
みんな我慢強く配給の列に並んでいる。狭い避難所で助け合って暮している。それが驚きだと。

東北の方々のこの様なつつましく生きる姿を見るにつけ思います。
なぜ自然は、こんなにも過酷な仕打ちをするのだろうか。

何か支援が出来ないだろうか、被災者の方の心を包み込んであげる事は・・・。
私は、あいちトリエンナーレ・サポーターズクラブの1メンバーですが、音楽関係の方がチャリティコンサートを開催するのを見る度に、美術関係でも何か出来ないものかと悶々としてきました。

チャリティ展示会。
この言葉を出すと、たしなめられます。「アーティストの方に頼らず、自分で出来る事からやりましょう。」
いろいろ考えてはみますが、個人では、如何ともし難いです。

チャリティ展示会、この様な話について、どう思われますか。
出来るだけアーティストの方に負担にならない様なやり方で、開催できないものかと考えています。

宜しければ、返事を頂けると嬉しいです。

あいちトリエンナーレ・サポーターズクラブ
(の単なるメンバーのひとり)
多田信行

tomoko様
コメントありがとうございます。
tomokoさんのブログを拝見して、胸がいっぱいになりました。
そして、小さな自分のブログにコメントを寄せてくださったtomokoさんやちささんに感謝します。作品を作って良かった!
ゆっくりじっくり心から制作に取り組んで行きますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

ちさ様
ブログチェックを怠っていて、いただいたコメントに気づかずすみません。
作品を作ることが支援・・・になるような、そう言っていただけるような作品をこれから作って行きたいと思います。
背中を押してくださりありがとうございます。
じっくりやっていきますので、これからもよろしくお願いします。

米山和子さま
はじめまして
先日、米山様の作品を名古屋市美術館にて観させて頂きました☆
↓にも掲載させていただきましたが、いたく感動してしまいました。ありがとうございます。
http://ameblo.jp/indian/day-20110408.html

こちらのサイトも自身のブログにブックマークさせて頂きました☆
事後報告で申し訳ありませんが、もし差支えあるようでしたらご一報頂ければ幸いに存じます。

はじめまして。
ゴッホ展に行って物足りなかった気持ちを米山さんの展示で癒す事が出来ました。
作家は作品を作る事が何よりの支援だと思います。
これからも素晴らしい作品を制作して下さい。応援しております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1043017/39274267

この記事へのトラックバック一覧です: それどころじゃないけど展示:

« 個展なう | トップページ | 紙の温度 »