2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年2月

2010年2月26日 (金)

楽しい遊び Cut up

人間は行きたいほうへ行くがよいこの急激な膨張の直接の結果として 、現在我々から観測可能な宇宙全体は因果関係で結び付いた(causally-connected)小さな領域から始まったこととなる。なぜならば著者が何かを知っていたということを我々に知らせるために書かれたと思われるような本がある若いときは興味が散漫なために忘れっぽく 、今日は力強く自由に働け 。明日も同様に幸福であれと。 この膨張の時間発展は正の宇宙定数を持つド・ジッター宇宙と同様のものである
自然から生みつけられたままでもきっと人から好かれるものだ  、悩みには喜びがなくてはならない。 インフレーション理論ではといういうふうに考えることのできるほどのうぬぼれがないからである 。”それで片付いたと思っている!もちろん 、人間を不確かなものにする。若いときは興味が散漫なために忘れっぽく  、今日は力強く自由に働け 。このインフレーションに関与する粒子は一般にインフラトンと呼ばれる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97

この遊びはウィリアム・S・バロウズが広めた文章を切り張りする技法です。

コラージュ遊びの一種です。

気分転換に色々遊べます。

これで妄想できます。

これは「ゲーテ格言集」高橋健二訳 と佐藤勝彦氏のインフレーション理論(原典探し中)のカットアップです。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年10月 »