2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« こめのゆめ | トップページ | 友よ »

2009年7月 9日 (木)

サイモン&ガーファンクル

7月8日名古屋ドームでのサイモン&ガーファンクルのコンサートへ行った。

高校時代、兄の影響で聴いていたのはツェッペリン、ボブディラン、クラプトン、S&Gなどなど。

兄が弾ける曲を聴いて、自分も弾けそうな曲を選んでいくと「天国への階段」のちょっぴりとほぼS&Gになってしまったという安易でせまーい選択だったが、それでもタコが出来る位は弾いたギター。
2枚組みのLP聴き込んだ、懐かしい思い出でっす。

名古屋ドーム入り口は混んでたがアリーナ席は最初なんとなく空いていて、そして年齢層も高いため、静かだった。

開演7時をほんの少し過ぎて3枚の大スクリーンに2人の子供のころからのプロフィールや往時のS&Gや若者達の映像が流れ、
そのころにはアリーナも仕事帰りのおじさん&おばさんでいっぱいになり一安心。

「Old friend」で渋く始まったが、スクリーンに映し出された映像が2人のライブ映像に切り替わったときは、ドキッとした。

思わず「おいくつだっけ?」とキョロキョロしてしまった。

なんとなくサイモンは目が泳いでて、半分壊れているような(すみませんほんとに失礼!!)な感じ。

でもミセスロビンソンの間奏あたりからセッション的になり、ガーファンクルのソロでじっくり&癒し(マイケルへの曲あり)、サイモンのソロでリズム&音楽人類学と進んでいくと、サイモンも生き返った(すみませんほんとに失礼!!)ようになって、その後の2人は絶妙なハーモニーのS&Gだった。

そういう自分も振り返ってみれば、腕をあげてると筋肉痛になりそうなんであった。

おじさんおばさんは、ふつうのコンサートと違ってスタンディングまでに時間がかかり、ほぼ最後の曲「明日にかける橋」で一度立ってしまうと、そこからは座らず、やっと身体が温まってきてノリ&ノリになり、アンコールを限りなくねだったのであった。

結果、楽しいコンサートだったんでした。

そして、サイモンが壊れてるかもと心配している(すみません!!)いつもふざけている私と、アイアムアロックやアメリカで涙が出ちゃったりしたもう一人の私もいたんでした。

そういえば、時々、眼鏡を下げて涙を拭いている前のおじさんの背中も見えたんでした。

« こめのゆめ | トップページ | 友よ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうでした!
go2さんはトランペットの前はアコギやってましたよね。
(ってか、プロに失礼だよね)
ほーんと、時が過ぎて振り返ると夢のようだと思います。

予備校でデッサンしてた頃がなつかしーっす。
みんな髪が長かった。
ジャズ喫茶に行っていた。
ミスタードーナツにも行っていた。

そうですか。あーたも行きましたか。
じつは拙も東京ドームに行ってしまいました。
アーティー息が続かない、アーティーに合わたキー低すぎ、Kathy's Song はやっぱりポールの歌で聴きたかった……
などなど、言い出せばきりがないけど、
How terribly strange to be seventy.と歌っていた人が、
あと2年と少しでその70歳になろうとしているいま同じ歌を歌っていることや、
中坊時代に毎日のように聴いていた歌を、30年後の自分がこうして聴いていることが、
なんだか不思議な、夢の中の出来事のような気がしたのでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1043017/30469972

この記事へのトラックバック一覧です: サイモン&ガーファンクル:

« こめのゆめ | トップページ | 友よ »