2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« penelope paris petillante ペネロープ・パリ・ペティヨン | トップページ | 搬入 »

2009年6月10日 (水)

L ギャラリー

今日は仕事が終わってから、小島久弥さんのLギャラリーに行った。

ベロニカ・ドバース Veronika Dobers 展。

もう会期は終了していたが、見せてもらえてラッキーだった。

ギャラリーに入った印象は「緑色の静かなガラスに閉じ込めた何か」という予感。

一見静かな気がするのは、ガラス絵という手法で平面ガラスの裏側に描画するから、表面は均一なガラス質のせいなのか。

描かれたモチーフも人や植物や滴(しずく)や木や藁のようなシンプルで自然なものだからか。

いーや、このベロニカさんは確信犯だ。

本当は超過激で、超哲学的でいながら、ちょーユーモアがあるために、自然で象徴的なモチーフをガラスの裏に閉じ込めてなぞかけしているんでしょう。

静かなふりしてー。

なんちゃって、こうやって勝手に深読みしてしたりがおしていると「なんにもないっすよー」と日本語で答えてくれたりして。逆に。

何気なく緑色のガラスに描画していると思っていた私に、スタッフのOさんが「透明なガラスの裏(絵と同じ所)にこのうす緑色は塗られてるんですよ」と教えてくれた。

まいりました。

« penelope paris petillante ペネロープ・パリ・ペティヨン | トップページ | 搬入 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1043017/30036561

この記事へのトラックバック一覧です: L ギャラリー:

« penelope paris petillante ペネロープ・パリ・ペティヨン | トップページ | 搬入 »