2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 山に | トップページ | 西の空 »

2008年11月27日 (木)

色石礼賛

今日は色石の展示会に行きました。

ある方が、スリランカのご自分の鉱山で採れた色石のルース(裸石)を見せてくださいました。

ルビー、サファイア、スタールビー、スターサファイア、アレキサンドリア、クリソべリル、#$%・・・・・色々覚えきれないほどの名前のついた色石。

全ての石は磨いただけで、熱処理や薬品コーティングやトリートメントをしていません。

一つずつの石が全て色が違うし、形も違う。

デパートにある石は同じ色の石が綺麗に揃って飾られています。

昔はくず石とされていたものでもレンジに入れて熱を加えると、今や自由に色を操作して美しい色を出せるのです。

考え方によっては、全ての石が元々地球のマグマの熱で変色した訳だし、合成した石ではないので宝石に違いはないんだけど。

手を加えている気がしてしまう。

実際、日本でも、天然石を「未加工」と(むしろ不思議な名前で)呼ぶ。

そして天然の石は本来持っている色を最大限生かすように研磨されるので、石紋(人の指紋のように自然にあるもの)が残っていたり、インクルージョン(内包物)があったりして、均一の質にはなりにくい。

そう考えると、おそろいの色石を見つけるのって奇跡のようなんだ・・・。

昔の宝石がこういったひとつひとつ違う宝石から似たものを揃えて、首飾りにされたのかと思うと軽く眩暈がしました。

今の時代に、そんな石を目の当たりにした時の感想。

不思議な気持ち。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

友人の言葉。

「Gift」

たしかに。

自然からの。

神からの(かな?)

この gifted な友人からもっと沢山の言葉を聞きました。

機会があったら聞きかじったその言葉 (詩?) を書いてみたいなあ。

« 山に | トップページ | 西の空 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1043017/25697736

この記事へのトラックバック一覧です: 色石礼賛:

« 山に | トップページ | 西の空 »