2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ごはんつぶ | トップページ | 自転車に小鳥 »

2008年8月 5日 (火)

土・どろんこ

2008ncs2m_005_2 INAXライブミュージアムで開催中のモノリス・真下の宇宙ー1cm100年の土のプロフィールという展覧会に行った。

目の前にそびえ立つ山は、土が盛られたのではなく岩石が隆起してできたもので、時間をかけてその一部の表面が土壌になっていきます。地球規模で見ると、土壌は表面にある軟らかな薄皮のようなものです(展覧会解説より)

植物や動物の死骸などが、岩石と混ざって出来たのが土なんだ。

あまりに身近でゆっくり考えたことが無かったけど、私達の身体の表面の皮膚アンド垢みたいなもの。

お肌に個性があるように、土にも色々な色合いや肌合いがあった。

古くなると鉄分が残って茶色になるのだ。古いって何年なんだか?

未熟土というのはまだ土になったばかりのういういしい土、たった1cm出来るのに100年かかるわけで、ほんの1メートル掘ると1万年前の表面になるんだから凄い。

私はミリ単位?数ミリの自分を想像してしまった。

超だだっぴろく広がった自分だった。

ついでに、土でつくるパステル作りの体験をした。

2008ncs2m_042 普通は子供達が体験するんだって、担当のお姉さんが教えてくれたが、これが結構楽しくて、パステル乾かす間に泥絵も描かせてくれるので、私は即、大きな子供へ。

このミュージアムはINAXの焼き物の周辺についてのミュージアムで、タイルの博物館や昔の絵付けトイレなど美しい展示もあり、楽しめる。

土ってなかなか土だった。

« ごはんつぶ | トップページ | 自転車に小鳥 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1043017/22801574

この記事へのトラックバック一覧です: 土・どろんこ:

« ごはんつぶ | トップページ | 自転車に小鳥 »