2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 田植え | トップページ | 裁判所見学 »

2008年6月19日 (木)

裁判を傍聴して

今日は地方裁判所で裁判の傍聴と、裁判員制度についての広報レクチャーを受けました。

裁判所内へ入ることも初めてでしたが、実際の刑事裁判を傍聴することも初めての体験でした。

内容は秘守の義務があるので控えますが、百聞は一見にしかず、考えることが多くありました。

まず最初に応対してくださった弁護士さんたちが、明るく気さくな対応をしてくださり、緊張した気持ちを静めることが出来ました。

裁判手続きの流れに沿って一通り傍聴してみると、冒頭手続き→証拠調べ→弁論→判決の中に、事件の内容、被害者の有無、被告人の認否、争点が何か、同情すべき点、その他膨大な要素がありました。

このややこしさの中で一筋の道筋を立てて聞いて考えていかなければならないことにぶったまげました。

その結果、裁判というものは、無罪か有罪か?有罪ならどのくらいの罪なのか?ということを決定するということで、それは本当に重く責任のあることなのだと感じました。

幸か不幸か?(全く良い表現ではないけれど)裁判員になったとして、私にできる心構えは何なのだろう?と考えたとき、

「自分らしく普通に。理想として、バランスのとれた市民意識を持っていよう。」

というところかなあと、しみじみしながら帰ってきた次第です。

そしてこれをきっかけに、今まで知らなかった裁判員制度とは何なのか?少し考えて行こうと思いました。

« 田植え | トップページ | 裁判所見学 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

chikaさんコメントありがとうございます。
ほんとうに、普段のんきにしている私も少し考えてしまいました。

私は裁判の傍聴はしたことないのですが、もし裁判員になったら?
ということはよく考えます。

でも、想像しているだけではわからない現実があるんでしょうね・・・。

「バランスのとれた市民意識」

私も心したいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1043017/21727091

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判を傍聴して:

« 田植え | トップページ | 裁判所見学 »